女性

傷跡が目立ちにくいです

カウンセリング

身体に負担が少ない方法

30代半ばから、40代ぐらいの年齢になると、男女共に顔や首、胸元などにいぼが出来やすくなり、お肌を露出したファッションを楽しめず悩んでいる人が増えています。ウイルス性の場合はハサミなどで切ってしまうと、健康な皮膚にも広がってしまうので絶対に避けて下さい。杏エキスやハト麦などが配合されている基礎化粧品でお手入れをしている人が多いですが、あまり効果が実感できない場合は、美容外科のクリニックを受診して、医師に相談して下さい。加齢や紫外線、ウイルスなどの原因がありますが、美容外科クリニックでは液体窒素やレーザー治療、切除手術などが受けられるので、最適な方法を提案してくれます。液体窒素による除去は、マイナス196度の液体窒素を綿棒などに付けて、患部に当てることで一週間ぐらいを経過すると、黒っぽくなりかさぶたになって剥がれ落ちます。麻酔をする必要がなく、大変ポピュラーないぼ治療です。安全性に優れており、体に負担が少ないのが特徴です。直径が5?以上の大きめのいぼの場合は、切除手術を勧められることがあります。局部麻酔をしてから、メスを使って除去をするため、多少の傷跡が残りますが、保険適用の治療なので費用を抑えることができます。中高年以降の人だけでなく、遺伝的な要因や出来やすい体質の場合は、20代の人にも見られることがあります。首や胸元などの目立つ部分にいぼがあると、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。美容外科のクリニックでは、一人一人の肌質や皮膚の形状に合わせた治療法を提案してくれます。信頼できる美容外科のクリニックは、カウンセリングが無料になっており、費用についてもきちんと説明をしてくれるので、安心できます。なるべく費用を抑えたい人には、保険適用の治療も提案してくれるので、安心して通院ができます。いぼが比較的小さい場合は、サリチル酸などの薬剤を患部に塗ることで、目立たなくすることも可能です。サリチル酸などの薬剤を塗る方法は、体に負担が少ないので一度試してみると良いでしょう。信頼できる医師や医療スタッフが在籍をしている美容外科のクリニックは、なるべく傷跡を残さずきれいな状態にしてくれます。30代、40代と年齢を重ねると、皮膚の新陳代謝が衰えてくるので、お肌の悩みが増えてきますがまずは医師の診察を受けて下さい。完全個室で治療が受けられますし、プライバシーは厳守してくれます。主要な駅から利便性の高い立地の美容外科クリニックを選ぶと、通院の負担が少ないです。